忍者ブログ
男はプライドで生きてくもんだ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寝起きでオシッコするとたまに2WAYになってるよね。
ツインビー懐かしいなぁ。
PR
先日のこと、会社でちょっとした事件が起きた。うちの工場は現場のすぐ横に並ぶように事務所があって、ちょうどその脇に勝手口みたいな出入り口がある。駐車場から事務所や現場にすぐ行ける入り口なのでほとんどの社員が利用してるんだけど、当然こんな便利な入り口があればみんなその目の前に車を駐車したくなるもの。んでまあこの入り口の目の前、ほんとにすぐ目の前に停めてあった車のバンパーにこの入り口のドアが当たって傷がついたってんで、犯人は誰だってその車の持ち主が暴れたって話なんだけど、もうこーゆーのが意味わかんない。この暴れた持ち主ってのがこの会社で部長とかいう責任ある地位について仕事やってるってんだから、資本主義の怖ろしさここにありって思うよ。んで僕がわかんないのは、何でこの人が怒ってるのかがわかんない。ドアが当たってた箇所はバンパーなんだから全く何の問題もない。気付いたんだから多少こすれたような痕でもあったんだと思うけどね、バンパーなんだからいいじゃない。元から衝突時の衝撃緩和が目的の部位にドアが当たったからどうだって話。それで少々傷ついたからどうだって話。それをまあ犯人出てこいやってノリで騒ぎ立てるんだからどうしようもない。そもそも出入り口のドアが当たるほど近い場所に停めたのは誰だ。工場への出入りを楽にしようとしてそこに停めたのは誰だ。別に僕はドアをぶつけてシカトぶっこいてる犯人を肯定してるわけじゃない。これはメリットとデメリットの問題だと思うんだ。リスクマネージメントの問題だと思うんだ。楽ができるっていうメリットを得ておいて、自分の車が傷つけられるっていうデメリットを受け入れない姿勢が理解できない。自分に都合のいいのは当たり前で不都合はあり得ないって、それはどこの小学生だ。こんなことで怒り散らせるその羞恥心の無さが理解できないし、まさかこの人は当然理解されると思っているんだろうか。だいたいこの出入り口そばに限らずね、何かに便利な場所ってのは大体において往来が激しかったりするもんでさ、必ずリスクがあるんだよね。でっかいショッピングセンターなんかでもそうだけど、必ず店の入り口近辺は混雑するし駐車スペースなかなかないもんでしょ。そんな場所に停めるってことはメリットもデメリットも承知の上じゃないとできないことだと思うんだけど。


そういえば昔、コンビニで買い物したあとに店を出た僕にコンビニ前でたむろしてた若造が声をかけてきたことがあった。「さっき出てった車、バックしてアンタの車にぶつけて逃げたよ。」とか彼は親切に教えてくれたんだけど、僕がざっと自分の車を確認して「バンパーに当たっただけだからどうでもいいよ。」って言うとめちゃくちゃビックリしてたっけ。一応ナンバー覚えておいたから警察に届けたほうがいいんじゃないかとまで言ってきて正直ウザかった。何が悲しくてたかがそれだけのことで警察の世話にならないといけないのか。コンビニの狭い駐車場に停めてれば誰かがぶつける可能性がまるでないわけがないし、そんなことを考えないでコンビニに来てるわけがない。ましてや走行上なんら問題のないバンパーごときで騒ぐほど僕は幼稚な人格をしてはいないと自負してる。きっと親切に教えてくれたこの若者は自分が同じことになったら子供みたいに喚き散らすんだろうなと思って何かすごく疲れた覚えがある。


結局のところ世の中、自分が死なないと思ってる人間が多すぎる。とゆーかほとんど全部じゃないか。明日死ぬかもしれない。1秒後に生きてる保障なんてどこにもないってことがわかってない。生きるってことは死ぬっていう大きなリスクを考えながらすることだっていう自覚がない。だから物事にあるリスクの側面を考えない。メリットには必ずデメリットがあることを考えない。だからいざ問題があると脊髄反射的にテンパる。問題の大小を冷静に考察する余裕すらない。そして攻撃性でもってその場を支配しようとして醜態をさらす。そんな自分を俯瞰する客観性を簡単に失う。僕はほんとこんな奴らと同じ時代、同じ世界に生きてることが苦痛でしょうがない。こんな奴らが大多数いるもんだからとりあえずある程度協調して妥協していかないといけないから始末におけないよ、生きるってことは。いい加減死ぬために生きてるってことに気付いて欲しいもんです。
僕は昔から国語のテストが嫌いだった。とゆーかテスト問題の意味がわからないことが多かった。文章を読んでの問題である。『登場人物のこのときの心情を述べよ』とか『筆者の言いたいこととは何か』みたいな問題だ。こーゆーものの意味がわからないとゆーか、意図が見えない。それでもテストなわけだから僕は思ったところを答案に書き込むわけだけど、これが採点されて返却されるとまたわけがわからなくなる。僕の答えに点数がつけられてる。そもそもこの状況が理解できない。誰もが同じ文章を読んでも同じように感じたり考えたりできるはずがない。こんな問題が存在する意味がわからない。それでも存在するってことはもう文章うんぬんじゃなくて問題を作った人間の意図を読み取る問題なわけだ。こーゆー風に読み取るべきだっていう出題者の価値観を押し付けてるわけだ。それをどれだけ素直に受け入れているかを採点される。これはもう一種の洗脳ですよ。まだ成長途中の人格の多様性を排除するものですよ。まるで女はクリさえいじれば誰でもイケると思ってる男子中学生並みに貧困な思想じゃないか。まったくくだらない。こんな童貞は問題なんてつくってる暇があったら風俗でも行ってそこのお姉ちゃんに色々教えてもらえって思う。そして気持ちよくなって帰ってきてどれだけ自分が視野の狭い人間だったかを400文字以内で反省文としてまとめればいいんだ。それを僕が採点してやろーじゃないか。なんて職員室まで乗り込んで国語教師に語ってきかせたところ危うく停学にされるとこだったのはいい思い出ですよ、ええ。まぁそれで僕も反省したんですよ。風俗には行かなかったけどね。大人気ない子供だったなぁって。
アナ「キレイな花束ですねぇ。」


解説「そうですね。ピンクでキレイですねぇ。」



なんだこの解説は。見たまんまやないか。むしろマンコの比喩か。アナウンサーがつっこむのを今か今かと期待してたのに何にもナシだよ。何のひねりもないくせにこれで飯食ってるわけか。そんなんじゃ今時通用しないぞ。こーゆーの見ると今のご時世を象徴してるようで疲れる。与えられた価値観に埋没して思考停止を繰り返したあげく責任転嫁で逃げるような人間ばっか生み出しやがって。誰もが黒いと言ったら黒いのか?白だと言い張る気概はないのか?ないよね。うん、ないない。黒いものは黒いもん。それでいいじゃない。それでEじゃない。何で熱くなってんの。何で主に股間が熱くなってんの。あぁもう、毎日オナニーだけしていたい。オナニーと午後の緩やかな時間と熱すぎないコーヒーがあれば後は何もいらない。いや、いるよね。うん、いるいる。色々いるよ、そりゃ。生きてると一杯いるものあるよ。とりあえずライターがないと始まらない。タバコどーやって吸うんだよ。あと思わぬ回り道で道に迷っちゃってしょうがなく夜明かしするときとかに身体を温めるために焚き火するときどうするんだよ。ライターはすげー重要だよ。馬鹿にすんな。小さなボディに無限の可能性を秘めてるんだよ。あと昔ライタマンとかそんな感じのロボあったんだよ。忘れたのかよ、あの熱情を。いや忘れるよね。うん、忘れる忘れる。もう3分もたないもん、記憶力。もった試しがないもん。もたせようと思ったこともないし。こうやって摩滅してゆく自我を抱えながら僕らは死んでいくんだよ。
夜中に「陰陽師」を観た。いや大分前に観たことあるんだけど、なんとなく観てた。2度目なのに結構おもろいなぁとか思ってたら今井絵里子にすごい違和感を感じたんだ。蝶の妖精みたいな役なんだけど、なんで今井絵里子なんだ。蝶の妖精がシャクれてるなんてどういう了見なんだ。あと正面から見ると顔歪んでるよ。もっと他に誰かいたんじゃないか。SPEEDの頃より傾斜がきつくなってんじゃねーのか。今だったらもう直角になってるんじゃねーのか。なのに萌えキャラ路線か。シャクれが「なのだ」とか言っててもオジさんチンポも立たねーよ。でも最後まで観てると、ああこれはこれで完結した事象なんだなって思えるからテレビは怖い。何か諦めちゃうんだ。もし身近でシャクレが暴れてたら空気読めよって諌めるところだけど、テレビの中の人だったらもうそれでいいんじゃない?シャクレてるからいいんじゃない?って気持ちになってしまう。てゆーか蝶の妖精がシャクレじゃダメなんてそれは一体どんな根拠に基づいてるのか説明なんてできないし、そもそも今井絵里子はシャクレで売ってきたみたいな側面もあるし、歌のうまいシャクレが勢いで映画でてあまりの演技の下手さにセリフ削られたみたいな裏事情とか推測できるに至ってはもうほんとに僕の方がダメダメっぽく勘違いされそうだし、空気読めてないのはオマエだって言われても反駁の余地はないよね。だからまぁ、スタッフロールとか出てくる頃にはシャクレの方がもっといい人生送れたんじゃないかなってちょっとアンニュイな気持ちになってた。なっただけでシャクレになりたいとは思わなかったけど。ただシャクレのフェラはいいよ。角度違うもんなんか。
最近よく兄貴が電話してきて愚痴る。まだ新婚って時期に何言ってんだって思ったけど、どうやらやっぱり結婚なんて代物は出来るだけ避けて通るのが望ましいもののようだ。

兄貴の嫁さんはよく寝込むらしい。不健康状態がデフォルトだって兄貴は言ってた。何もないのに熱が出て何もないのにダルくて基本的にダメ人間なのが女って生き物らしい。その点ウチの兄貴は元気の固まりだ。まず休日の過ごし方をよく知らないからとりあえず仕事してるような男だ。もしくはウイイレするぐらいしかない。料理の腕もないくせに妙にグルメぶって「これは隠し味にワインを入れないと」とか言い出してよくオカンをキレさせたりしてた。オナニーのおかずは巨乳ものが多い。9割方Gカップ以上だ。そして女教師ものが主だ。エロ動画集めすぎてパソコンぶっ壊したりもしてたっけ。店に修理にもっていった勇気は認めるが。あと屁が鬼のように臭い。脱いだ靴下は一度嗅がないと気が済まない。ビリーは10分で動けなくなって諦めた。天然パーマだ。それを気にして中学のときストパーかけたりしてた。3日ももたなかったが。基本的に貧乏だ。建築書を買ってと俺にねだったりしてくる。

いやぁ、兄貴の方がダメ人間だった。
こないだ後輩に無理やり頼んでコンパ開いてもらったんだ。でもバーベキューにするって言われて正直戸惑った。何か集まった女の年齢層も高めらしくてオイちょっと待てよって思ったけど、どうやら僕の年齢に合わせて気を使ってくれたみたいだったんで文句言いにくかった。まあ言ったけど。そんでさぁコンパだってなって集まった女たち見て僕は後輩を殴り倒したかった。保母さん仲間ってんで結構期待してたのにオマエ、こりゃねぇぜ。しかも約一名おかしなのが混じってんぞ。ジュースのQOOのキャラクターそっくりなのがいんぞ。口が犬みたいになってんぞ。でもまぁいい大人だしバーベキューを楽しんで帰るのもいいさ。実は僕は生まれてから一度もバーベキューをしたことがない。子供のころ親父にせがんだら「アレは馬鹿なヤツらがやるもんだ」って言われてそれで納得して来たからだ。そんでワクワクして始まってみたら何だコレ。暑いよ。鉄板めっちゃ熱くてそんで暑いよ。普通に今年猛暑なのに何でこんなことしなきゃいけないのかイマイチ理解できない。だからとりあえず僕は鉄板から離れてタバコ吸ってたら「焼くのは男の役目だからちゃんと焼いてよ!」って怒られた。ブサイクな保母に。オマエその顔見て子供泣くだろって喉まで出かかった。したらその横ですごい切なそうな顔した後輩が「頼みます。マジ頼みます」って言うんだ。相当色んな意味で言ってるみたいだからしかたない、やってやるさ。もうね男も30間近に迫ったら腹すわったもんさ。そんで「よーし任せとけー」的なノリで焼き始めたら「それ順番違う!」とか「塩かけすぎ!」とか怒られた。ブサイクな保母Bに。オイちょっと考えてみてよ。僕汗だくやん。そらそーさ、こんな猛暑の中で熱い鉄板と向き合ってこれマジで我慢大会に近いよ。そんでもオマエらの空気に合わせてノリノリにやったらそれか。そもそも俺は濃い味が好きなんだ。塩分控えめとかウダウダ言うやつは砂でも噛んでろって喉まで出かかった。堪えたね。もう暑さで意識薄いしめんどくさくなって堪えたね。んでもう僕は食うことに専念したよ。何やっても怒られるし。バーベキュー初心者にいちいちうるさいんだよ。順番とかそこら辺細かなルール知らねーし。このクソ熱いのに更に暑くするようなことやってて何故かコイツら楽しそうで気分悪いわ。周りみたら一杯他のバーベキュー連中いるのよ。朝から速攻30度越えのこんな日に何やってんだコイツら。でも他のとこはイイ女がウジャウジャいた。暑いから薄着でバーベキューで汗ばんでほんとイイ感じやないか。僕たちんとこは面子から間違ってるじゃないか。すごく恥ずかしくてとりあえず顔見られないように気使って首が痛くなってきた。そしてらいつの間に僕の横に座っていたQOOもどきが話しかけてくんのよ。コイツ一応人間なんだなぁって感心しながらそれなりに答えてやる。うん、大人だ。僕すっごい大人。そんで何気なく「いやぁバーベキューってのもいいもんだねー」ってバレバレな社交辞令言ってやったら「アタシらはバーベキューじゃなくてBBQって言ってるー☆」とか抜かした。それがどーした。何ソレ。全然面白くないぞQOO。何はしゃいでんだ。ボールでも投げてもらいたいのか。ウンザリだ。そこでこんなこともあろうかとオンするだけまで設定しておいたアラームを鳴らして急用できた小芝居とともに僕は後輩の哀願を振り切って帰ったよ。帰り道で親父の正しさをつくづく思い知った。バーベキューなんて嫌いだ。
大人になるってことはなぁ

脱がしたパンティに茶色いシミがあっても驚かないってことだ

バカヤロウ
ロールキャベツにご飯。そして当たり前のように味噌汁。
付け合せは冷や奴。ちなみに夏場は毎日冷や奴が出る。飽きたわ。

  僕「おい。ライスはええとして普通洋食にはスープなんじゃね?」

オカン「味噌スープやんか。」

  僕「・・・それとこの冷や奴どうにかならんか。せめて洋食のときくらい。」

オカン「身体にええんよー豆腐はー。」

  僕「俺は健康の話してんじゃねえよ!!」

オカン「あー怖い怖い。」

まぁおいしいからいいんだけどね。
兄貴が結婚するとか言い出した。おいおい寝言は寝てから言えよ一級建築士と思ったがどうやらマジだ。僕は今までいろんな人々に出会ってきたがウチの兄貴ほど結婚する価値のない男はいない。
僕らが小学生だったころ学校から先に帰った僕がポテチを半分食っただけでそれに気づくなりマウントポジションからビンタしまくるようなヤツだ。僕はちゃんと半分残しておいたのにそもそもアレは全部俺のもんだったんだとかわけのわからないことを口走りながらビンタの雨ですよ。十歳になるかならないかの弟にですよ。
家族で遊園地に行ったとき一緒にお化け屋敷に入ったときも、突然現れた殺人鬼風のお化けに驚くや僕をソイツに向かって突き飛ばし一目散に逃げたよアイツは。そんで泣きながらようやく出てきた僕に「どうだった?」とかニヤニヤしながら言うんだ。どうだったって何がだよとか思ったよ。
だいだい彼女は知っているんだろうか。兄貴は30過ぎて部屋でウンコ漏らすし、こないだなんてワンクリック詐欺を真に受けて消費者センターに電話したもののすごく冷たい対応されて「なんだあのオバハンは!こっちはマジ困ってんのによぉ!」とか素で逆ギレかます男なんだ。そして兄貴はそーゆー面を巧妙に隠せるから何故か周囲には好印象なんだ。人間として明らかに欠陥商品なんだ。もう彼女が可哀想ってゆーかいろいろ笑えそうでワクワクドキドキです。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Blog Pet
最新コメント
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[07/16 BlogPetのドログバ]
[05/06 BlogPetのドログバ]
最新トラックバック
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 俺のプライドはアンタらに屈する必要はないと言ってるんだよ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]